できる事とやりたい事 ー したたむ(哲子)

 

仕事をする時のやり方は
人それぞれ違っていて、
こだわりもあるだろう。

 

私達夫婦も、お互いの仕事を手伝ったり、
家の雑用を片付けたり、
2人で作業する毎日なので、
自ずとやり方の違いが見えてくる。

 

つれあいは、一言で言うと慎重派。
最初に段取りを決めて
キチンキチンと片付けていく。
時間はかかるけど、
最終的な完成度は高いし、仕上がりは綺麗。

 

私はと言うと、大雑把に掴んだら、
やりたい所できる所から
手をつけていくタイプ。
考えるよりやってみる方が早いと、
どこかで思っている。
なので、
大雑把に早く片付けることはできる。

 

どちらが良い、悪いと言う話ではなくて、

お互いにこんなとこあるよね、

と、時に微笑ましく、
時にイライラしながら思っているのだろう。

 

私がよく言う言葉は、

まだおわらないのー?
(丁寧すぎ、もしくは計画が迷走して)

よく言われる言葉は、

もうやっちゃったの?
(見切り発車で失敗して)

 

ある日、
竹林で竹を切って整備していた時も、
2人で始めたのにいつの間にか
私が切った竹を
彼が片付ける役に回っている。
力から考えても、
逆のポジションの方が効率的だと
わかってはいるが、またしばらくすると、
私が切り進み、彼が片付ける、
に戻ってしまう。

 

 

私は力任せに進みたいのだ。
でも腕力が足りなくてもどかしい。
彼は綺麗に片付くと気持ちがいいらしい。

 

適材適所とはなかなか難しい。
できる事とやりたい事が
一致していればいいのだけれど。

 

「したたむ」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA