10.4の山﨑悠貴さんへ

 

10.4の山﨑さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
逆さ眼鏡で眺めてみれば  ” について。

勉強には「リスク」が必要です。

 

さて、みなさんは学校や塾に
何を期待して通っているでしょうか。

わかりやすい解説?
成績アップ?
第一志望合格?

実はどれも本質ではありません。

 

みなさんが勉強する理由。
それは「考える力」を
身につけるためです。

 

学校や塾で一生懸命考えてるよ!

と言われそうですが、残念ながら
皆さんのやっている勉強の大半は
「記憶して吐き出す」だけの作業です。

 

で、多くのテストはその作業を極めると
高得点を取れるように作られているので
当然学校や塾はそこに注力する。

これをとにかく覚えろ。
そうすればリスクはない。

というのがスタンス。

 

しかしそれでは
せっかく勉強しているのに、
考える力はさっぱり身につきません。

 

clue zemiのスタンスは
受験勉強を通じて
「考える力」を身につけてもらうこと。

「覚えずに考える」

それはちょっとリスキーですが、
「覚える」は1:1なのに対し、
「考える」は1:n、つまり無限大です。

 

そんなわけで
生徒が果敢に攻めて解答し、
講師がそれに理由をつけてダメ出しをする。
その繰り返しがclue zemiの授業。
「覚えろ」といえば
済む話なんですけどもね。

 

どっちのアプローチでも合格はできるけど、
せっかくなら
いろいろ役に立つやり方のほうが
いいのではないかと考えます。

 

浅間山から発信していいただく
山﨑さんのお話。
リスクをとったからこそ得られる学びを
教えていただけるのが楽しみです。

 

一年間、よろしくお願いいたします!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA