たぶん、思っているよりいいところ ー yuri

 

昔の仲間に会うことになった。

 

私はあまり人付き合いが
得意なタイプではないのだけれど、
そんな私にも不思議と
生きていくあらゆる局面で、
仲間と呼べる人たちがいた。

 

人は皆「今現在」に忙しく、
昔の仲間に会う頻度は、
大人になるほど減っていく。
進学すれば、毎日高校には通うけれど、
中学校にはもう行かないように。
大学、就職、転職。
人はその時期によって、
密に付き合う友人というのが違ってくる。

 

でもそれは、

「ちっともさびしいことなんかじゃない」

ということは、
最近になってわかってきたような気がする。

 

時々、場合によっては
何年かに一度会うその時間が、
会えなかった間どうしていたのか、
変わったり、変わらなかったりする
その友人たちの成長や変化を、
見守っていけるのは
人生の喜びの一つだと思うようになった。

 

同じ会社で、同じ部署で働いていた私たちは、
当初5人の集まりだったのが、
結婚したり子供を産んだりして、
増えに増えて今や総勢12名。
人数も環境も、変わりに変わったけれど、
それでもかつての友人たちの良さや
個性はそのままに、
それぞれ笑ったり泣いたり、
奮闘して暮らしていた。

 

友達を作りましょう、

ということが言いたいわけじゃない。
ただ、5人で遊んでいたあの頃に、
この景色はまるで想像していなかった。

 

自分も変わる。ちゃんと変われる。
それと同じように、人もまったく変わる。
でも、変わらないものもある。
時間を経るということは、
たぶん、今、思っているより
ずっと素敵なこと。

 

不思議で、
わけのわからないことばっかり起こるから、
時にとっても大変だけど、
だからこそ想像もしなかった景色を
見せてもらえる。

 

未来というのは、思いのほかいいところ。

 


「CAFE & BAKE momomo」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA