10.13の渡邉知樹さんへ

 

10.13の渡邊さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
なにを書くのか ” について。

 

「本を読みなさい」

なんてことは、
耳にオクトパスができるほど
学校や周りの大人から
言われていることだろうと思います。

 

わたしも本を読むことは好きだし、
その重要性については同意しつつも
実体験の重要性については
あまり語られることがないのが
ちょっと気がかりです。

 

ここで、寺山修司の名フレーズが
頭をよぎりますが、
特に詳しいわけでもなく
火傷をしそうなので、
深堀はせずにおきますが、
なんだかんだ言って、
実体験に勝る学びはないわけです。

 

例えばヒッチハイクの本を
10冊読むのと、
実際に道路脇で親指を立てることでは
得られるものが全く違うわけでありまして。

 

勉強においても、
やたらと始めるまでに
時間をかける人がいます。
問題集ひとつやるに置いても、
Amazonレビューや
受験情報サイトなどを熟読してばかり。

 

肝心の単語は覚えたのか?

と聞くと、

まだ買ってません。

という驚愕にアンサーを
繰り出してくることもしばしばですが、
頭で考えるより行動が大事。

 

やり始めてから、
本など読んで軌道修正していけば
いいのではないかと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA