繊細さんの旅 ー Haluna

 

前々回でHSP
(=ハイリーセンシティブパーソン)
について書きましたが、
最近はよく本屋さんで
HSPコーナーを見つけます。

 

日本人5人に1人はその傾向があると
言われているので、
実際は困っている人が多いのだろうと
思います。

 

人それぞれ程度があるようですが、
感覚や知覚が過敏で、
その場の空気に影響されてしまいます。
感覚の受信機が人より多い、
と言われていますが、
私は受信するケーブルが太い、
という感じだと思っています。

 

例えば大勢の人がいる
飲み会やパーティなど、
各々がそれぞれの話題を
話している場所では、
情報の取捨選択できないので、
その場の会話が一気に流れ込んできます。

 

受け取る情報量に
脳の処理がついていかずに、
情報処理で疲弊してしまうのです。
その代わり、一気に受信できるので、
画像の丸暗記は得意です(笑)。

 

私の学生の頃は、今よりも

「人と同じであること」

が求められた時代だったように思います。
そこに自分をあわせすぎて、
いつの間にやら自分自身が
分からなくなっていました。

 

生きづらさから
自分を恥じたりもしましたが、
無理をして人に合わせるよりも、
今では自分の感覚に忠実に生きることで
ずいぶんと楽になりました。

 

「繊細さん」の感覚が役に立つお仕事も、
これからの時代はきっと
たくさんあるのではないかな、と思います。
繊細さんだけでなく、
情熱さんやこだわりさんも。
AIに代替えができないお仕事が
あるはずです。

 

何よりも

「わたしでいること」を大切に生きる。

同時にそれは

「あなたでいること」も大切である、

という他者への尊重につながると
思っています。

 


Oriental Tea Yue 玥


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA