14歳の複雑な感情を描く/「はちどり」ー 中村克子

 

前回の「ニーチェの馬」
日々を淡々と過ごす父と娘。
ほとんど2人の感情が表現されていない。
あえて描いていないのかもしれない。
余計なものをそぎ落として、
ただ人が生きていることを
表現しているように思う。

 

これとは正反対な映画と言えるのが、
韓国・ソウルに住む
14歳の少女ウニの物語「はちどり」だ。

 

この映画では、何気ない日常での
少女の複雑な感情があふれ出ている。
ウニを取り巻く家族(父、母、兄、姉)や
親友、ボーイフレンド、後輩、塾の先生。
いろんな要素が盛り込まれているので、
観る側は胸がいっぱいになる。
14歳ってこんなに気持ちが不安定で、
せわしない感じだったかな !? とも思う。

 

物語は1994年の韓国が舞台。
私は前情報なしで観たが、
当時の社会情勢や
起こった事件などを知っていると
より深く理解できるかもしれない。
家では父親が一番偉いという
家父長制が根強いことや、
高学歴社会であることなどが垣間見られる。

 

家族での食事シーンが度々登場するが、
食事前に父親の小言が長くて
なかなか食べることができない。
父親の言うことに誰も反論できないのだ。
それに、男性が女性に暴力を振るうことが
珍しくなかったようだ。
ウニ、そして親友もそれぞれの兄から
暴力を受けていることに悩んでいた。

 

また、ウニは心のどこかで
両親から愛されていないという不安がある。
ウニと親友が興味本位で万引きをした時、
予想外に父親の反応は薄かった。
もっと心配してもらえると思っていた彼女は
落胆する。

 

そんな中で漢文塾の先生、ヨンジは
ウニの気持ちをわかってくれる
良き理解者だ。
ウニが漫画を描くのが
好きという話をしたのは
ヨンジだけかもしれない。
おそらく家族には話していないと思う。

 

映画を通して観ると、
実はウニは両親から愛されていると
感じるシーンがある。
ウニの首にしこりができて
病院へ行った時に突然、
父親が大声で泣き出す。
それまで怖い顔や真面目な表情しか
見せていなかった父親が、
ウニを心配するあまり泣く姿は
びっくりするほどだ。

 

また、母親にもあまり気にかけて
もらっていないと思っているが、
母親が作るチヂミを美味しいそうに
ウニが食べるシーンからは
愛情が感じられる。
彼女にとって、チヂミは
母の味なのかもしれない。

 

家族は一見、仲が悪そうに見えるが、
根本的なところでは
きちんとつながっている。
ウニ、そして家族の心の揺れ動きが
細やかに描かれた
不思議な魅力のある映画だと思う。

 

 

「青と夜ノ空」web


2020年10月27日 | Posted in 余談Lab, 映画に学ぶ, 中村克子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA