禁じられると楽しくなっちゃいます !? ー 田本あゆみ

 

夫がイオンで見つけきた
「栗せんべい」の主原料は
なんとしろ餡でした。
小麦粉のおかしだと思っていましたが
グルテンフリーでした。
はじめは心配で心細かったけど
栗せんべいで希望が見出せました。
グルテンフリー生活も4週間が経ちました。

 

校正中の記事で紹介されているものに
よく影響を受けます。
コスメや日用品、調味料など
買ってしまったり、
カルチャーページ内の気になるものは
追ってしまいます。

 

数カ月前にレシピ本校正の
オファーがありました。
米粉を使った料理の本でした。
きれいな写真と、丸こいフォント、
特別な材料がいらないシンプルなレシピ、
ビギナー向けの粉選びのコツと
小麦アレルギーのコラム。
すべてが引っかかる内容でした。

 

「おいしそう!」と米粉料理の
興味から入りましたが、
それと並行してグルテンフリーも
試してみることにしました。
グルテンとは麦類に含まれるたんぱく質で、
アレルギーの原因になりうる成分です。

 

グルテンフリーとは、
そのグルテンを除去する食事方法のこと。
アレルギーの自覚症状がなくても
ひとによってはグルテン除去で
体調がよくことがあるそうです。

 

小麦粉のパン、麺、おかしダメ!なので
食生活が大きく変わりました。
主食はご飯と米麺に、
小麦粉のものは米粉で代替します。
パン屋さん通いもできなくなりました。

 

だけどダメだらけで悲しい一方、
スーパーやコンビニや外食時の
食べ物リサーチが楽しくなりました。

 

お店の棚やメニューは一見すると
小麦製品ばかりでびっくりしますが、
原材料をつぶさに見ると
グルテンフリーのものもたくさんあります。

 

米粉をはじめ身近じゃない食材を
手に取ったり工夫したりと、
口にするものの幅が
広がったような気がします。
これからもしばらく続けてみようと
思っています。

 

2回続けて食べ物の話になりましたが、
前回のアンサー
永井さんに教えてもらった『料理の科学』、
さっそく読んでいます。
アルミホイルには裏表ないんですね!
知りませんでした……。

 


2020年11月01日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 校正者 田本 あゆみ | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA