辻褄合わせ ー yuri

 

行動原理、という言葉を
辞書で引くとこう出てくる。

【行動の根源的な動機となる本能・欲求・願望・信条・価値観など。】

 

まずそこに欲求(〜したい)があって、
人は行動に移す、ということらしい。

 

ただ。
私は自分のお店を8年前に開いた。
当時私は、お店がやりたい、
とはこれっぽっちも思っていなかった。
今思うのは、

別にどっちでも同じことだな、

ということだ。

 

「どこの高校に行きたいか」
「高校に行ったら何がしたいか」

といった感じで人生の局面の都度、
人はどうしたいかを問われ続ける。
でも目標や欲求って、
本当にないといけないのだろうか。
ある日突然お店をやることになって、
じゃあ何ができるだろう、と考えて
ここまでやってきた。
その中で、苦悩や葛藤や挫折があって、
やっとなんとか
自分ができることを見つけて
暮らしの糧にしている。

 

話は変わるようだけど、
友人が結婚する時に、

「決め手はなんだったのか?」

ということを聞いた。
そしてその回答に私は大きく唸った。

「断る理由がなかったから」

 

本当に素晴らしいことだと思った。
断る理由がない、ということの、
なんという『やる理由』だろうかと。

 

前のめりに前向きに
その人生を進めるのなら、
それに越したことはない。
ただ、私はそういうタイプでは
まったくなかった。

 

だからとても苦労したけれど、
〜したい、という理由で
自分の行動を選ばなくても全然いい。
やることになっちゃったから、
断る理由がなかったから。
そういう感じでいいと思う。

 

そこから先の、それを選択した自分が、
それでよかったように未来を作っていく。
幾らかの時間が経った時、
それ以外の選択を考えられなくなるくらい、
未来の自分が、
きっと今の自分を救いに行く。

 


「CAFE & BAKE momomo」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA