11.8のyuriさんへ

 

11.8のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
辻褄合わせ ” について。

 

「断る理由がない」

が結婚の決め手…。

 

なるほどな〜と思いつつ、
この考え方は勉強に置いても大事だな、
なんて考えました。

 

わたしは文系担当なので、
高校生、大学受験生に対して
国語、英語を教えています。

 

なかでも「現代文」というのは
特殊な科目で、

どうやって勉強したらいいかわからない。
公式とかないんですか?

といった質問が噴出します。
わたしが思うに、現代文は

「正解を探しに行くから迷子になる」

ものではないかと。

 

特に内容一致問題など、
選択肢がいくつか提示されているものは
数学みたいに「これじゃ!」という
手ごたえを得られることは
ほとんどないものでして。

どれが正解だー!? という目で見ていくと
どれも正解な気がするし、
どれも間違っているような気もする。
けっきょく最後は

「なんとなく」

という判断に落ち着いていたり
しませんか?

 

現代文を解くコツは

「ダメなものを探す」

にあります。
徹底的に選択肢のアラ探しをする。
つまり「断る理由」を探すのです。

 

おまえもダメ、そっちもダメ…
とやっていって、最後に残った
「断る理由がない」ものを選択。
正解かどうかはわからんが、
悪くはない。

 

確かに多少心許ない根拠ですが、
こうやって解くと
だいぶ成功率は上がりますよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA