11.15の真子さんへ

 

11.15の真子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
いろんな人と接すること ” について。

 

下手をすると息子、娘のような
みなさんと接しておりますので、
毎日が新たな発見です。

 

最近は「鬼滅」の話題で一色ですが、
おじさんは全くついていくことができず
不勉強さを痛感しています。

 

アニメなんて…

とバカにすることなかれ。
そのアニメが大人のフィールド、
つまり経済に大きなインパクトを
与えているのですから。

 

中学生のころ、国語の授業で
「ダウンタウン」について
書いたことがあります。
当時「ごっつええ感じ」は大人気でして、
わたしも信奉者のひとり。

 

作文はけっこうな自信作だったのですが、
国語教師のおばちゃんには
こっぴどく怒られ、

「お笑いことを書くのは不適切だ」

 

しかしわたしは、

「この番組は大人が仕事として作ってる。
しかも経済も回してるんじゃないのか !?
何が悪い !!」

と反論し、けっこう大きな揉め事に
発展した記憶があります。

 

大人になった今、
マンガについての熱い作文をみると
ついつい、

「マンガなんて…」

と思ってしまうことをここに告白しますが、
しかし、そんなときは
あのおばちゃん先生の顔を
思い出すようにしていて。

 

反面教師というやつですね。
(悪い人ではなかったのですよ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA