インプット/アウトプット ー 檜垣裕美

 

先月のコラムにもちらりと書いたが、
11月22日に開催された
文学フリマ東京2020に
出店者として参加してきた。

 

文章を書きはじめてから
zineの印刷が上がってくるまで約1か月。
文章担当のわたしと
イラスト・デザイン担当の
金川カモメさんとの連携プレイで
猛スピードで完成させた。

 

そしてできあがったのが
『Myanmar A to Z』である。
今回のzineでは読者の方が
ことばをきっかけに
ミャンマーの文化のおもしろい部分に
少し触れることができるような
文章を心がけた。

 

完成したのはいいがコロナの感染者数も
日に日に増えていっているのに加えて、
自分の文章に自信が持てず
zineを手に取ってくださる方が
いらっしゃるのか不安で、
文学フリマ当日までかなりドキドキだった。

 

そして文学フリマ当日。
そんな不安は良い意味で裏切られ、
本当に多くの方が私たちのブースに
足を止めてくださり、それだけではなく
zineを購入してくださる方も
思っていた以上にたくさんいらっしゃって、
本当にありがたいと思った。

 

ミャンマーに興味がある方や
ミャンマーと接点がある方も
想像していた以上に多く、
ブースに立ち寄ってくれた方々との会話で
みなさんがどんなことに
関心があるのかなども聞けて
興味深いのとともに、とても参考になり、
今後のアイディアもいろいろと湧いてきた。

 

クリエイティブなものに
関心があるにもかかわらず今まではひたすら
インプットをする側だったが、
今回の文学フリマに出店したことで
思い切ってアウトプットするのも
とても楽しく
刺激になる経験だということがわかった。

 

ことばや文学や本に関心がある人との交流は
本当にすてきなものだと思った。
そんなわけで

「いっしょに出店してみない?」

とお声掛けしてくれた金川さんには
心から感謝している。

 

*文学フリマ東京2020に
ご来場いただいたみなさん、
気にかけてくださったみなさん、
ありがとうございます。
ご来場できなかった方でご興味のある方は
金川カモメさんのオンラインショップでも
表紙や中身がちらりとご覧いただけますので
良かったらチェックしてみてくださいね。
https://kkamome.thebase.in/

 


檜垣裕美Instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA