Seize the fortune by the forelock ーyuri

 

まったく自信がなかったり、
やったことのない仕事の依頼は、
「もちろんやれます!」
と言って受ける。

 

内心はひやひや。
はったりだと
バレるんじゃないだろうかと思うけれど、
相手は私を信頼して頼んでくれているので、

「楽しみです!」

とか言ってくれて
打ち合わせが滞りなく終わる。
こういう時ほど滞りがない。

 

このボールをあいつにパスすれば、
あとはあいつが決めてくれる… !
というようなことに
似てるのではないだろうか。
あのひとが回してくれたボールなんだから、
絶対に決めないといけない。
やるって言っちゃったし。

 

こういう時、
これはチャンスだと思うことにしている。
今は自分の得意分野でしか勝負をしない。
でもこうやって誰かからの依頼で、
私の中になかった分野を
開拓させてもらえる。
その研究と努力をさせてもらえる。

 

やったことないと言っても、

10日でホームページを作ってください、

と言われたわけじゃない。
お願いされたお菓子が、
あまり焼いたことのないお菓子だった。

 

勉強して、試作を重ねてみると、
ここはケーキのあの作業に似てる、とか
このレシピにこの材料を入れるのは
スコーンに入れる
あの材料と同じ理由か、とか、
通じることがたくさんある。
もちろんできないこともあるけれど、
今までの技術が下支えして、
ちゃんとゴールに辿り着ける。
そうやってまたひとつ自分の技術の
幅が広がって、それがまた、
新しい仕事に繋がっていく。

 

身の丈に合ったはったり。
本当にできないことを
できると言ってはいけない。
ホームページの依頼は受けちゃいけない。
来ないけど。

 

ちょっと背伸びして、
けっこう頑張らないと
叶わないぐらいの仕事。
そうやってはじめて成長ってできると思う。

 


「CAFE & BAKE momomo」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA