11.23の山﨑悠貴さんへ

 

11.23の山﨑さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
終わりのない色 ” について。

 

先日信号待ちをしていたら、
車の上のほうが何やら

「カタカタカタカタ!」

と言い出しまして。
例えるならば、
ファミコンのBボタン連射みたいな。

 

高橋名人か !?

とは、もちろん思いませんでしたが、
慌てて窓を開けて見てみると、
横には大きないちょうの木。
風が吹いてたくさんの落ち葉が
車に当たった音でした。

 

道路を覆う大量の落ち葉。

「これは誰が片付けるのだろう」

なんてつまらないことを
考えてしまいましたが、
7センチとなると…。

 

落ち葉=片付けるもの

と小学生のときに叩き込まれたので、
「落ちたその後」は
考えたこともなかったなー。

 

さて、皆さんが今
一生懸命勉強していることも
この落ち葉に似ているかもしれません。

 

どんどん知識を積み重ねて
いると思いますが、
その高さにも限界があって、
次第に下の方から「分解」していきます。

 

そこで

「せっかく積み上げたのに!」

と焦ること勿れ。
目の前からは消えてしまったけれど
決してなくなったわけではなく、
分解され、「肥料」となって
頭の中に溶け出しているはず。
そしてそのタイミングこそが
いわゆる「血肉になる」
という瞬間だと思います。

 

受験は覚えることがたくさんありますが、
ただただ積み重ねるだけではなく、

「忘れても平気。
身体が覚えている」

というレベルまで
持っていきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA