はじめまして! ー Sayo 

 

メゾン木かげの住人である鶴岡達悦さん
田本あゆみさんからの紹介で
新しく仲間入りさせてもらったSayoです。

 

とある居酒屋での出会いがきっかけで
仲良くなったお二人。
ここの話を聞いた時、

「やる気だけはあるので住人になりたい!」

と申し込んだところ、
快くバトンを繋げてくれました。

 

ずっと栄養士として
働いていましたが退職し、
少しの間旅に出て、
カナダのモントリオールというところで
今年の初めまで語学留学をしていました。

 

そのあとまた少し旅をしていましたが、
コロナが世界的に流行し、
滞在していたペルーが
ロックダウンしたことにより
旅を途中で帰国しました。
今は再び栄養士の仕事をしています。

 

旅はもちろん、世界中のアートや、
絵を描くこと、海が好きです。

 

現在の職業について簡単に言うと、
保育園で給食を作ったり、
献立を考えたり、子どもたちに
食べもののことなど伝えています。
生きることの根本にある「食べること」、
その意味を伝えていく
大切な役割があると思います。

 

一方で、海外へ出て
色々な文化に触れたことにより、
今までの固定概念を捨てて、
興味のあることには
チャレンジしていきたいと
思うようになりました。
メゾン木かげの住人になることも
その一つです。

 

clue zemiに通うみなさんとは
年齢も環境も違いますが、
みなさんと同じように
日々いろいろなことを
吸収していきたいと思っています。

 

それぞれのフィールドで活躍する
住人の方々からも
色々学べたら嬉しいです。
私の気づきが、
誰かのひらめきのタネに
なればいいなぁと思っています。

 

 

写真は、モントリオールで
公式に絵を描くことが
認められているトンネルです。

 

よろしくお願いします!

 


2020年12月11日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 管理栄養士 Sayo | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA