12.23の鶴岡さんへ

 

 

12.23の鶴岡さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
コインランドリー ” について。

 

昔よく貧乏旅行をしてました。
リュックひとつでどこまでいけるか?
みたいな。

 

日本も海外でも
激安の宿にはだいたい部屋にノートがあって
そこに泊まった人たちが
思い思い書いています。

 

内容は
おすすめの食堂や
観光スポットはもちろん、
旅をする理由とか
唐突な愛の告白が記されていたり。

 

誰が書いたかわからないし、
知る必要もない。
その情報の真偽すらどうでもいい。

 

SNSが盛んになり、
そういうノートの出番はなくなったのかな、
と思っていましたが、
考えてみると、
この温度感は、SNSとは違います。

 

やれ炎上だ、詐欺だと
SNSは大騒ぎしていますが、
このノートの内容なんか、
最初から誰も真に受けてない。

 

あくまで、
「とっかかり」であって、
そっから先、何を信じて何を考え
何を行動するかはその人次第。

 

あ、塾もこのノートに近いかも。
私たちが言ってることが
絶対ではないし、
そう思ってほしくない。

 

おじさんの戯言だけど、
なんか発見があるかもね。

そのぐらいのスタンスで、
私の話を聞いてもらえるとありがたいです。

 

この業界はやけに
「絶対」とか「確実」という言葉を
多様するけど、

そんなことはないよねぇ、

と思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA