初めての「いつも」 ー したたむ(夏樹)

 

近所に、週2、3回は利用する温泉がある

 

入り口で入湯券を購入し
窓口でその券と
ポイントカードを一緒に出すと

「いらっしゃいませ~
ありがとうございます」

と言って
一つスタンプを押したポイントカードと
ロッカーの鍵を渡してくれる

 

10個スタンプが貯まると
1回タダで利用できる
ポイントカードが
もう既に3枚目になっていた

 

今までは

「いらっしゃいませ~
ありがとうございます」

だったあのセリフが
ある日

「いらっしゃいませ~
いつもありがとうございます」

となった
そう「いつも」を付けてくれたのだ

 

たった3文字のなんでもないような言葉だが
なんだかとても嬉しいような気持ちになり
印象的な日となった

 

特別に贔屓して欲しいわけではないが
他のお客さんには付かない「いつも」が
私の心にしっかりと響いた
恐らくあの従業員さんの中で
常連客の枠組に
入れてもらえた日だったのだろう

 

修行時代、やはり常連のお客さんの
好みを覚えておくことは当たり前だった
好きな席、いつも注文する料理やお酒
燗をつける温度などまで

 

 

したたむ でもリピートしてくれる
お客さんも増えてきており
お客さんの心を温かい気持ちに
出来るような気配りを
さりげなく出来るようにならなくてはなぁ
などと思ったり
なんかそんなことまでを
考えさせられた「いつも」だった

 

管理人の高羽さん、
アンサーを書いてくれる雄太郎
いつもありがとうございます!

 

「したたむ」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA