1.12の土屋さんへ

 

1.12の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
“  ヨチヨチ ” について。

 

おおー!
おめでとうございます!
なんとも幸せそうな土屋さんの写真に
こちらもホッコリしてしまいますね。

 

「傾向と対策」が
これほどまで活かせないのも
初めての経験です。

と土屋さんが書かれていますが、
まさに勉強もその通り。
先生の言う通り、
体験記通りにはいきません。

 

と言うと、極端な人は、

「じゃあ、対策とかムダですね!」

なんつって、
オレ流を貫こうとするのですが…
実はそれって
けっこうな遠回りでありまして。

 

いわゆる難関校に入る人は
天才的な「ひらめき」があって、
みるみるうちに答えを導き出す。

と思われておりますが、
全くそんなことはありません。
彼らがそれを解けるのは、

「100%の初見ではない」

からです。

 

たしかに問題自体は初見ではあるけれど、
これまで見てきた問題との共通点を探し、
方法を見つけることができるから。

 

傾向と対策を十分にやり込むことで
近い考え方だったり、材料だったりを
頭の中にストックし、
それを使って解答できるのです。

 

さて、ちょうどマイメンが著した
人気育児本を思い出しました。

こうして俺は父になる(のか)

本屋さんに本を薦めるなど
釈迦に説法もいいところですが、
けっこう笑えるのでぜひ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA