1.14のyuriさんへ

 

1,14のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
やさしい世界 ” について。

 

大学推薦入試対策を担当していたもので
(全員無事合格!)
ここ最近は、小論文チェックに
追われておりました。

 

血気盛んな18歳ですので、
やたらと棘のある文章ばかりでして…。

 

「論破」という言葉が流行り、
相手を打ちのめした方が勝ち、
という風潮があります。

 

国会なんかをみていても、

「論破してやるぜー」

というオラオラ感をどうしても
感じてしまうのですが、
基本的に相手を論破することに
あまり意味はないと思っています。

 

特に国会なんかにおいては、
片方の党が、もう片方の党を
論破したからといって、
我々にはなんのメリットもありません。

 

大事なのは、
お互いがそれぞれ批判を受けたと、
それをどう修正して
高い次元に持っていくかです。

アウフヘーベン、

というやつですね。

 

それには、
相手を全否定することではなく、
しっかり受け止めることが大事で、
そのためにはまず、
敬意が必要なのではないかと。

 

反対意見の人に敬意を払う。
これは非常に難しいことですが、
この感覚を身につけると
あなたの小論文は
きっと大きく前進します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA