2.2の長谷川さんへ

 

2.2の長谷川さんのコラムについて。

 

最近は教室でも、
突如黒板に描かれた鬼滅のキャラクターを
目撃することが増えました。

 

描かれているのは何やら不思議女の子。
そう、ねづこちゃんです。
まだ鬼滅に触れていない私、
主人公の名前はわかりませんが、
とりあえずねづこだけは知ってます。

 

歴史の勉強で
「壁画」の勉強をしますけども、
今このときに人類滅亡の瞬間がくれば、
後世に地球にやってきた宇宙人か何かが、
真面目な顔して

「これは昔の女王だったに違いない」

なんて結論を導くのかな〜、
などとくだらないことを思ってしまいます。

 

さて、今回の長谷川さんのテーマは

「裏切り」

なわけですが、
中高生が頻繁に遭遇する裏切りといえば
テスト前に交わされる

「いやー、全然やってなくてサ」

「おれも、俺もー!」

というやりとりでしょう。
これを鵜呑みにするほど
愚かなことは世の中にありません。

 

「やってなくてサ」
と言ってくる奴の思惑は2通り。

 

1つ目は、
メイキング・道連れを目的とするもの。
自分だけが下がったわけじゃない、
という言い訳の下地づくりです。
これは全く誰の得にもならんわけで、
ある種「裏切り」よりも最悪です。

 

2つ目は、相手を油断させようとするもの。
これはだいたい上位クラスの間で
起こるもので、
実は裏で猛勉してるパターン。
これこそまさに「裏切り」ですね。

 

「裏切り」というと
一般的にネガティヴなイメージですが、
この手の「裏切り」は
どんどん仕掛けていいと思いますよ。

 

特に校内推薦なんかは
1つ、2つの枠の奪い合い。
ほんのわずかの差が結果を左右します。

 

だから心理戦も大事。
ポーカーフェイスは賭けごとの基本です。
嫌われない程度に仕掛けましょう。

 

だいぶ性格の悪い文になってしまいました笑

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA