ブックデザイナーの仕様書展 ー 山田和寛


展示風景(写真提供:八戸ブックセンター)

 

生まれてこの方、
東京でしか生きてこなかったのですが、
この連載も含めて、
ここ数年は東北地方との接点が
増え続けておりまして、
コロナ禍でなければ
年に何度も足を運ぶのにな〜と
昨年から唇を噛んでおります。

 

そして2021年1月30日から、
「ブックデザイナーの仕様書展」という
企画展に参加しております。
書籍のフォーマットや
プロセスなどにフォーカスした
少し変わった本のデザインの展示で、
同じくブックデザイナーの川名潤さんと
鈴木千佳子さんと3人で参加しております。
各々見所が違うはずなので、
小規模ではありますが見応えがあるはず。

 

開催場所はなんと
青森県の八戸ブックセンター。
青森は私にとっては未踏の地であり、
美しい自然や縄文の遺跡など、
訪れたい場所がたくさんあります。
コロナ禍でなければ、
毎週末すっ飛んで行って
お客さんを案内したかった…

 

しかしありがたいことに、
なんと会期が5月9日までという
大盤振る舞い。
絶対に会期中に行けるはずだ! と信じて、
コロナ禍の収束をいまかいまかと
待ち望んでおります。
近隣の皆さま、
ぜひ足を運んでみてくださいませ〜。

 


nipponia」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA