懐の深い伝説のアパート/「トキワ荘の青春」 ー 中村克子

 

先日、映画館にて
「トキワ荘の青春 デジタルリマスター版」
を観た。

 

ここでも出てきた

“ そこに行けば安心な場所 ”

“ シェルターみたいな場所 ”

“人がしょっちゅう集まって
わちゃわちゃしてる場所 ”。

 

前回、大場 綾さんが紹介していた
「ピンポン」。
個人的にも懐かしい映画で、
強烈な印象がある。

 

「ピンポン」でのタムラ卓球場 =「トキワ荘の青春」でのアパート・トキワ荘だ。

 

「トキワ荘の青春」は元々、
手塚治虫が住んでいたアパートに集まった
若き漫画家たちの日常が描かれている。
実話に基づいたフィクションだ。

 

昭和30年代、
主人公の寺田ヒロオをはじめ、
藤子不二雄の2人、
石ノ森章太郎、赤塚不二夫などが
トキワ荘で切磋琢磨しながら漫画を描き、
大成することを夢みていた。

 

アパートの住人はみんな貧乏だが、
漫画への情熱は人一倍強い。
それぞれ自分が描いた作品を見せ合ったり、
兄貴的な存在であった
寺田ヒロオの部屋に集まって、
お酒を飲みながら語り合ったりするのが
貴重な時間。

 

赤塚不二夫は当時、
石ノ森章太郎のアシスタント的な
仕事をしていた。

 

出版社の編集者からは

「君の漫画は人のマネだ。
才能がないから実家に帰った方がいい」

と言われ、なかなか芽が出ずにいた。

 

そんな赤塚不二夫を救ってくれたのは、
編集者への石ノ森章太郎の
口添えだったのがグッときた。

 

赤塚不二夫の作品は
「天才バカボン」しか知らないけれど、
強い個性のかたまりみたいな
イメージだったので、
ちょっと意外なシーンだった。

 

トキワ荘には、住人の家族や友人など
外部からもいろんな人がやってくる。
赤塚不二夫の友人、つげ義春も訪れている。
赤塚不二夫が

「また来いよ」

と言うと、つげ義春は

「もう来ない」

と返事をする。
ちょっとしたワンシーンではあったが、
つげ義春は寺田ヒロオと話し、
トキワ荘で何を感じたのか気になるところ。

 

そして、漫画の原稿を取りに来る編集者も
頻繁に出入りしていた。

 

人気が出てきた漫画家の部屋には
違う出版社の編集者たちが待機して、
どちらが先に原稿をもらうかの
せめぎ合いがある。

 

この映画を通して、当時の出版業界を
垣間見ることができるのも興味深い。
出版社が倒産して、
原稿料がもらえなかったり…
(今でもあることだけれど)。

 

トキワ荘の住人は漫画家として
大成した人もいれば、
諦めてアパートを去った人もいた。
トキワ荘は悲喜こもごも、
いろんな感情を受けとめてくれる
懐の深い場所だったのだろうと想像する。

 

※余談だが前回、大場 綾さんが
青と夜ノ空の実店舗のことに
ふれてくれたのがうれしい。
ありがとうございます!

 

 

「青と夜ノ空」web


2021年02月27日 | Posted in 余談Lab, 映画に学ぶ, 中村克子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA