グルテンフリー  ー 鶴岡達悦 

 

去年の秋からグルテンフリーを始めました。

 

グルテンフリーと言っても、
仲間や友人との流れで
食べることになったり、
頂いた物はOKにしている緩いものです。

 

パンが大好物な妻は
米粉でパンを焼いて
冷凍庫に常備しています。

 

米粉のレシピはひらめきのタネでも
書き込みをしていた福井裕子さんが
撮影を担当している
『まいにち米粉 パンと料理とお菓子』
高橋ヒロ著を使っています。

 

妻に教えてもらいながら
僕もパン作りに挑戦しました。
レシピ通りの手順を踏めば
意外と簡単にパンが焼けちゃうんです。
外はカリッと、中はもちっとした、
小麦とはまた違う
美味しいパンができますよ。

 

見回すと麦による食品にあふれています。
パンはもちろん、
麺類、お菓子、ビールから麦茶も。

 

駅前でいい匂いをあたりに放っている
ケンタッキーも小麦を
たっぷりまぶしています。
宣伝みたいですが、
レシピ本にはフライドチキンもあるんです。

 

家で作ると油をけっこう汚してしまうのが
難点ではありますが、
衝動的に食べたくなってしまう
あの香りにつられず、
食べたい欲求を確認して、
手間をかけた美味しさはひとしおです。
あ~、これ書いていたら
お腹が空いてきたぞ。

 

グルテンフリー生活を始めて半年ほど経って
花粉の舞うシーズンがやってきました。
周囲では鼻水じゅるじゅるしている人たちが
わらわら出てきました。

 

例年だと僕も目は痒いは
鼻水は際限なく垂れ続けるわで
どーしょもないのですが、
今年はどういうわけだかまだ来ません。

 

グルテンフリーをしてから
花粉症が治ったという友人がいます。
ぼくもひょっとして効いてるのか、
これからやって来るのか
まだわかりませんが、
もしかして効果が出てるのかもしれません。
そーだといーな~。

 

 


2021年03月20日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 造園家 鶴岡 達悦 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA