forward direction ー 檜垣裕美

 

このコラムの執筆をはじめてから…
気が付けば早3年。

 

1年間のつもりではじめた
このコラムですが、
幸運なことに2度も続投のご依頼をいただき
ここまで執筆させていただくことが
できました。

 

コラム執筆のお声がけをしてくださった
金川カモメさん、
毎月コラムに
アンサーをくださった永井さん、
メールというかたちで永井さんとは
また別の視点でアンサーをくださった
編集者の髙羽さん、そして読者のみなさん、
本当にありがとうございました。

 

とても貴重な経験でした。
このコラム執筆がきっかけで、
自分のためにではなく読者の方に向けて
文章を書くということに対して
勇気が湧いてきたような気がします。

 

また、コロナ禍で思うように
外出できなくなるにつれて、
書くことや読むことの持つ大きな意味を
ますます実感するようにもなりました。

 

産休・育休を経て
再び2足のわらじ生活がはじまって
もうすぐ3年。
個人的には
転機を迎えているような気がします。
フリーランスに戻る条件がもう少し揃えば、
2足のわらじ生活をこのまま続けるのか
どうかということも
改めて考えないといけないなと
思っています。

 

このコラムのおかげで
月に1回コラムを書くという
習慣ができたので、
4月からはブログという場で
月に1回というペースで
記事を書いていこうと思います。
ご興味のある方がいらっしゃれば
チェックしていただけるとうれしいです。

 

コロナという面では
まだまだ安心できない日々が
続いていますが、
この状況を受け入れつつ
臨機応変に対応していこうという態度は
少しずつ身に着きつつあるような
気がします。

 

それではみなさん
お体に気を付けてくださいね。
良かったら次はNoteでお会いしましょう!

 

追伸:宣伝のようになってしまい恐縮ですが、3月31日に初訳書が出版となります。
かなり専門性の高い内容のうえに著者の文章が難解で翻訳作業も困難を極めましたが、
ご興味のある方に手に取っていただければこれほどうれしいことはありません。

 


檜垣裕美Instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA