旅の終わり、旅の始まり ー Haluna

 

桜の花も咲き始め、
終わりと始まりの季節となりました。
一昨年に始まった私の内的冒険の旅も、
今回で最後となります。

 

昨年には、
私たちの生活や価値観を見直すことになる
大きな出来事があり、
星の巡りもシンクロして、
誰しもが大きな転機を
迎えることとなりました。
いまだに、この先の風景は
見えづらいままです。

 

私個人も、自分自身と向き合うような
時間が多くありました。

 

自分自身が世界を創っている、
ということは理解していたけれど、
実はオートマティックな
「動く歩道」に乗って、
ただ、外の景色を眺めていただけに
すぎなかったのかもしれません。

 

「冒険に出よう」

といっておきながら、
その枠から出られないでいた気がします。
いえ、だからこそ、冒険に出かけたいと
思っていたのかもしれません。

 

「当たり前」だと思っていたことほど、
実はそうではなかったことに気がついたら、
どんどん自分の枠が
外れていくように思いました。
実は、その枠に自分の意識を
閉じ込めていたのは、
私自身であったのです。

 

「こうあるもの」
「こうあるべき」
「みんなそう」

こそ、疑ってみる。
本当は、限界なんかないし、定義もない。

 

ただ、ずっとそういうものだと
思ってきたことや、
誰かの価値観を採用して、
どこか自分の意識に制限をかけて、
窮屈になっていたのは、
他でもない自分自身でした。

 

古ぼけた意識の旅の終わりは、
いつだって新しい旅の始まり。
固定された意識が自由になり、
定義を持たない「愚者」でいることは
きっと最強のカードです。

 

1年と半年、
本当にありがとうございました。
皆様の旅が、
どうかどこまでも自由でありますように!

 


Oriental Tea Yue 玥


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA