名コンビで殺人事件を解決 /「マンハッタン殺人ミステリー」ー 中村克子

 

“たのもしい人” である
グロリア」は私も大好きな映画!

 

大場 綾さんが紹介していた通り、
グロリアはとにかく格好いい。
生き様とともに、
ファッションにも
命がけなところが魅力的だ。

 

それに、いつも同じだった
少年フィルの服もおしゃれだった。

 

「グロリア」の監督、
ジョン・カサヴェテスと
主演のジーナ・ローランズは夫婦であり、
名コンビ。

 

私の中で名コンビと言えば、
ウディ・アレンとダイアン・キートン。

 

一般的に、この2人での代表作は
「アニ・ホール」かもしれないが
今回、紹介するのは
「マンハッタン殺人ミステリー」。
なぜなら、気軽に楽しめる
大好きな映画だからだ。

 

こちらも「グロリア」と同じ
ニューヨークが舞台。
そして、ダイアン・キートンが演じる
キャロルのファッションセンスも高い。

 

グロリアはウンガロの服をまとって
エレガントなイメージだが、
キャロルはパンツスタイルで
マニッシュな雰囲気だ。

 

物語はコメディタッチで描かれた
サスペンス。

 

キャロルと夫のラリー
(ウディ・アレン)はマンションの隣人、
ハウス夫妻の家に招かれる。

 

しかし翌日、その妻が突然、
心臓発作で亡くなってしまう。

 

キャロルは隣人の夫が
妻を殺したのではないかと疑い始め、
自分で捜索しようとする。
最初は、キャロルの行動を
バカバカしく思っていたラリーも
協力することになる。
物語の後半では、殺人事件の真相が
テンポ良く描かれている。

 

とにかく、キャロルとラリーの
軽快な会話がおもしろい。
絶妙な掛け合いは、
名コンビだからこそできる技だ。

 

ちなみにウディ・アレンの映画では、
ニューヨークで暮らす人々、
またそこに根づいている文化などが
生き生きと描かれていることが多い。

 

ニューヨークには行ったことがないけれど、
映画から感じとれる
ニューヨークの雰囲気を楽しむのも
いいものだと思う。

 

 

「青と夜ノ空」web


2021年03月29日 | Posted in 余談Lab, 中村克子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA