ブックデザイナーの仕様書展(2) ー 山田和寛


御所野縄文公園

 

そんなわけで3月も下旬、
久しぶりに東北新幹線に乗って
青森県八戸市に行ってまいりました。

 

目的は八戸ブックセンターでの
デザイナー・川名潤さんとの
トークイベント。
対面でのイベントは久しぶりのことで、
イベントが決まってから
ずっと楽しみにしていました。
さすが本の街八戸、
参加されたみなさんとても熱心で
東京で開催するイベントをより
熱量高めでした。

 

そして八戸といえばサバ。
それと南部煎餅入りのせんべい汁。
東北は本当に郷土料理が感動的にンマイ。
せんべい汁はお土産にも購入。

 

さてもうひとつ、
山田といえば出張時の途中下車ですが、
今回は新幹線の八戸のひとつ手前の駅、
二戸で下車して一戸町にある
「御所野縄文公園」へ。

 

ここは縄文時代の住居群の遺跡で、
土屋根の竪穴式住居で有名。
小高い丘の上に集落が復元されており、
当時の生活を想像させる、
のどかでとてもいい公園でした。

 

公園の敷地にある御所野縄文博物館も
プロジェクションマッピングという
最先端の手法で展示が
展開されるという力の入れ具合。
すごいぞ御所野。

 

それにしても北東北、戸が多い!

 


nipponia」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA