5.18の土屋さんへ

 

5.18の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
意思のかたまり ” について。

 

勉強とはケンカである

誰が言ったか知らないが、
昔、そんなことが
書いてある本を読みました。

 

勉強とは、
教える側はもちろん、
教わる側も「意志」を持って
取り組まなければならない。

そんな内容だったと思います。

 

しかし近年、
どうも大人しく勉強する人が
増えてきた気がします。

 

むしろ、
先生の言うことを言われた通りやる
ことこそが勉強だ、と
思われている節もあるのではないかと。

 

この原因の多くは
生徒ではなく、我々大人たちに
あると感じています。

 

多様性が叫ばれる現代ですが、
生徒たちがいる環境はその真逆で

「先生の言うことを聞きなさい」

という圧力が年々強くなっておりまして。
あぁ、かわいそうだな〜。
と思うことがしょっちゅうです。

 

勉強においても、先述のように
消極的な姿勢では成立しません。
極論かも知れませんが、
学生の受験勉強に費やす時間
(例えば幼児教育からしっかりやると大学受験まで15年近く!)
が長くなっているのは、
そういう消極的な姿勢だから
時間がかかっているだけなんでは?と。

 

積極的に勉強すれば、
「意志」を持って勉強すれば
そんなに時間はかからないはずだし、
中学受験、高校受験を失敗した程度で
「詰んだ」とはならないはず。

 

子どもたちが「意志」を
奪われないように大人たちが
気をつけなければならないな、
clue zemiを運営していますが、
そのためか、生徒たちは
スーパー生意気です。
感情をあらわにして勉強しています。

 

いいことなんですけど、
なかなか手を焼いているのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA