6.12の本間さんへ

 

6.12の本間さんのコラムについて。

 

テスト前には、

「準備を完璧にしよう!」

と思うものの、
実際テストを受けたあとには
やるべきことのやってなさ加減に
自己嫌悪に陥ることがよくあります。

 

よくある、というか

「パーフェクト!」

と思えることの方が稀で、9割9分

「もっとできたはず」

と感じるかと。

 

教えていて思うのは、
この自己嫌悪は今後の勉強に
プラスに働くことが多いです。
自己嫌悪 → 修正 → 自己嫌悪…
この繰り返しで
すこーしずつ勉強の精度が高まってきます。

 

一方で、テスト後ノーストレスな方。

「ようやくテスト期間終わったぜ。
ヒャッホーイ!」

みたいな方。
気持ちはわかりますが、
それではやはり進歩がありません。

 

というわけで私なんかは、
彼らのテスト結果について
ネチネチ指摘するわけです。

 

「肯定感」が大事、と
よく言われる世の中ですが、
時には自己嫌悪にも陥っていただかないと
勉強というのは進まないかな、
と思うのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA