連なり、重なる ー 山﨑悠貴

 

カッコウが鳴いて
ホトトギスが鳴いて
ハルゼミが鳴く。

 

この時期の森はとても賑やかで
森閑としたイメージを持って
やってきた人は驚く。
雑多な生き物が、
それぞれの営みの音を立てている。

 

あんまりに心地がいいので
いろんな人を森に誘っている。

 

誘い方はいろいろ。

<日曜の朝、ツリーハウスで体操する会>
(体操後はホエイ入りグリーンスムージーを飲む)

 

養蜂の採蜜地として借りた梅林で梅をもぐ会>

 

<森のテラスで、地元の木を使って本棚をつくってみる会>

 

<森のテラスで、キコリピッツア店主に生地から教わって薪窯で焼いてみる会>

 

…等々。

 

森に人を誘うのは、
人と自然の接点を作りたいから。
人と人との関係性を育みたいから。

 

誰かと関係を作るための「場づくり」も、
地元で育った木を建築材や薪にして
循環させていくことも、
関わり合って別の派生効果を生んでいく。

 

人も自然も、重なり、連なる。
気軽に参加できる小さなイベントから、
身近な山の価値化といった
大きな取り組みまで
地域の緩やかな循環の中にある。

 

追伸・『TURNS vol.47』に取り上げられました!

 


「きたもっく」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA