ちょうどいい重さ ー 真子みほ

 

どうもここ半年ほど
体が重いような気がしていました。
だるいのではなく、
物理的に重いものを運んでいるような感じ。

 

そんななか、
春に受けた健康診断の結果が来ました。
去年、一昨年のデータと比べると、
体重がちょっとずつ増えてきています。
年上の友人皆が言う、

「40代に入ると
体重全然落ちなくなるから!」

という言葉を思い出し、
気を付けようと思い立ったのが5月。

 

食べたものと運動量、
体重と体脂肪を記録できるアプリを
スマホに入れ、
放置していた体重計に毎日乗り、
軽いスクワットや
ストレッチを続けていたら、
かなりすっきりしました。

 

食事の管理をするのは初めてで、
けっこう食べていると思った
野菜の量が少なかったり、
太る原因かなと思っていた
炭水化物をもっととれと言われたり、
朝昼晩のトータルバランスを
考えられるようになったり、
小腹がすいたらドライフルーツか
ナッツがいいというのは
本当なんだなと知ったり、
なかなかおもしろい。
いま仕事が繁忙期なのですが、
しっかり食べているのでかなり元気です。

 

またインターネットで
体重について調べると、
適正体重と美容体重とモデル体重という
基準があるらしいのですが、
私の適正体重は高校時代の
顔がパンパンだったピーク時よりも多い。
今あの体重になったらかなりきつい。
太ってるとか痩せてるとかではなく、
自分自身が生活するうえで
心地よいと思う重さがあるんだなと
改めて気づきました。

 

次は筋肉をつける段階に進めるのかどうか。
運動大嫌いの私がこんなことを考えるなんて
10年前は想像すらしていませんでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA