7.13のyuriさんへ

 

7.13のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
未知との遭遇 ” について。

 

ここ数日、
高校3年は三者面談があったようで
その報告をしてくれます。

 

で、だいたいは先生から、

「ちょっと難しいんじゃないか?」

的な話をされるわけで、
人によっては親子ともども
撃沈して帰ってきたりするわけです。

 

「永井先生はどうだったんですか?
やっぱりA判定ですか?」

と聞かれたりもして、

いやいや、
私のプロフィールちゃんと読んだ?

と言いたくなるのですが、
彼らはそんなことに興味もないので
目を通していない…
ということがここで発覚。

 

気を取り直して、

「君に行ける大学はない。
永井、死ぬ気か?」

と、言われたことを伝えるのですが、

「またまた〜」

なんて言って信じてくれない。

 

まぁ、私の信用がないのはいいとして、
そういう可能性を信じないというか、
現状がこうなのでムリ、
みたいな発想は持って欲しくないなと。

 

そういう大逆転は私に限ったことではなく
事例がゴロゴロあるので、
結局のところ、

やるかやらないか?

という話なのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA