8.1の長谷川さんへ

 

8.1の長谷川さんのコラムについて。

 

特許取得を自分の力でやった長谷川さん。

 

答えた結果を
すぐに得ることができる世の中で

「自分の力でやる」

ことに意味はあるのか?

 

Z世代といわれる
若いみなさんにとっては
大いなる疑問かもしれません。

 

例えば数学ひとつにとっても、

「解法暗記」

という手段があり、
これは今も昔も必須事項ですが、
最近の生徒は

「まず暗記」

というアプローチをする傾向が
感じられます。

 

言い分としては、

「どうせ覚えるなら、考える時間が無駄」

というものですが、しかし
考えてから暗記するのと
理解せず暗記するのでは
ずいぶん質が変わってきます。

 

たしかに時間がなく、さまざまな教科を
学ばなければならない皆さんですので、
とにかくショートカットしたくなるのは
十分わかりますし、

考えてたら1時間過ぎちゃった !!

という恐怖もわかります。

 

とにかく考え抜け!

というのは非現実的ですが、
ある程度、一題に対して
数分だったり、数十分だったり、
時間を決めて

「自分で考える」

ことが必要です。

 

とにかく手と頭を動かしましょう!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA