夏休みだよ全員解散! ー 本間佳子

 

今年、私の勤めている学校は
7月20日にリモート終業式を終え、
無事夏休みに入りました。

 

いろいろなことが中止や短縮、
延期になるなか、
空っぽの校舎を見回ったり、
教室のメダカに餌をあげたり
掲示物をはがしたり、
買ってきたおにぎりを
お昼に食べたりする
いつもの夏休みが
無事に始まってよかったです。

 

その上、リモート出勤が
夏季休業中は認められて、
職員室も空席が目立ちます。
更に、教員の夏季研修も
リモートが多くなりました。

 

夏季研修は
教科の専門性を知ったり深めたり、
情報共有をしたり、
教員が初心に返ることが出来たりして
有益だと思うのですが
(単純に例えば理科室で理科の実験とか、図工室で彫刻刀で版画をつくるとか大人になっても出来るので面白いのです)、
なかなか皆で集まってということが
やりにくくなっています。

 

今まで集まらないと分からなかったことや
味わえなかったことを、
集まらないで分かったり味わったり
向上させたりするにはどうするか。
そんな問いが、
新たに投げかけられている気がします。

 

でも、答えは一つではないので、

これが解決策だ!
正解だ!
こうせねば!

みたいなものに
乗せられないように気をつけて、
一人セミの声に耳を傾けて考えています。

 

それができる空っぽの校舎の夏休みが
始まってよかったです。
皆様どうぞお身体にお気をつけて、
無理をせず暑い夏を乗り切りましょう。

 

 


「Studio Mahon」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA