8.22の田本さんへ

 

8.21の田本さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
弱点を教えてください ” について。

 

おれが、うさぎのように臆病だからだ...
臆病のせいでこうして生きている...
虎のような男は、その勇猛さのおかげで、
早死することになりかねない...
強すぎるのは、弱すぎるのと同様に
自分の命をちぢめるものだ...

 

これは誰の言葉でしょう。

 

これはゴルゴ13ですね。
歴史に残る名言であります。

 

さて、clue zemiでは
毎年、年に2人くらい
調子に乗った生徒が出現します。

 

大変賢いので、
最初は放置しておくのですが、
返ってきたテストをみると残念な結果で。

 

保護者も本人も

こんなはずでは…

という空気になるのですが、

 

理由はわかっています。
「傲り」です。

 

ここに「理解できる」と
「できる」の間にある
巨大な壁が見えてきます。

 

テストは細心の注意を払って
準備をしないと、
得点することができません。
漢字ひとつ、符号ひとつ、
アルファベットひとつ
間違えただけで0点です。

 

そしてもちろん、
反復練習をしっかりやっても、
本番でミスることはあります。
100%くらいあります。

 

完璧っすよ、

と言っておいて、
丸つけするとボロボロだったやつに
わたしは容赦しません。

これ、お前、なに?

と問い詰めます。
早い段階で鼻を折っとかないと
受験前までこじらせると大変ですから。

 

ただ今年は一名、
どうしても折れない子がいて、
ご両親、わたしとで、
必死に折にかかっているのですが、
なんとも…

 

形状記憶か? ってくらい、
グニャグニャして折れません。
どうしたものか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA