8.26の山田和寛さんへ

 

8.26の山田さんのコラムについて。

 

資本主義パワー…
わたしも山田さんと同じく、
資本主義におもねらない学習塾を
作ろうという思いがありまして、
生徒がなるべくお金と時間を費やさない
勉強の仕方を提示しているつもりです。

 

「サステナブル」というと、
地球環境や資源のことが
パッと思い浮かびますけども、
勉強においてもリソース
(時間、体力、お金)を
しっかり考えていかないと、
続けることは困難です。

 

では、低コストで勉強するには
何が必要なのかというと、
それは「工夫」であると思います。

 

受験勉強の世界は不思議なもので

「工夫しろ」

とよく言われるわりに、

「いいから塾の言う通りやれ」

とも言われるものであります。

「この講座とこの講座をとって、
1日何時間塾に通わないと
第一志望は難しいですよ」

というフレーズは、
塾通いしたことがある人なら
一度は聞いたことがあるのでは?

 

しかし、その発言には、
生徒が工夫をする余地は感じられません。
工夫がないとやはり物量に
頼らざるを得なくなり、
結果、「サステナブル」ではなくなります。

 

そのため、
お金を出す前に工夫をしましょう、
というな話なのですが、
うちも会社である以上、
それで売り上げが低いままでもいい!
なんて言う気もないわけで、
その両立をいかにうまくやるか、
というところにこの仕事の難しさと
面白みを感じています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA