9.8の鶴岡さんへ

 

9.8の鶴岡さんのによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
京都にて2 ” について。

 

てっきり2泊3日くらいだと思っていた、
鶴岡さんの作業。
なんと1週間も!

 

職人さんの工程を
こうやって追っていくと、

勉強も近いものがあるなぁ、

と思います。

 

この時期になってくると
受験生なんかは焦ってくるわけですが、
その気持ちをグッと堪えて
ひとつひとつの工程を
丁寧にやっていくことが大事です。

 

鶴岡さんの書き込みには
寝た時間、起きた時間なども
書かれてありましたが、
受験生みなさんも、
このように就寝、起床の時間を
しっかり記録しておくといいのでないかと。

 

時間がない!

となるとやはり削られてしまうのが
睡眠時間でして、
意図せず、いつのまにか
睡眠負債を抱えていることも。

 

部屋の中は電気があるので
日の出、日没の感覚は
あまり感じられないのですが、
個人的には、この自然のリズムに
従った方がいいんじゃないかと思います。

 

わたしも浪人生時代、
無茶なスケジュールをたてて挫折。
そこで、
朝早く勉強し始めて、夕方で終了。
あとはゆっくり過ごして、
寝ることにしました。
これをキープすると、
勉強時間の質はだいぶ向上。

 

受験はマラソンに例えられますが、
実際「やる」「休む」の
ペース配分が非常に大事になってきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA