9.21の真子さんへ

 

9.21の真子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
ギラギラ ” について。

 

大きければ大きいほど良いとされるのが、
夜のお姉様の頭とクジャクの羽根。

と言ったのはタモさんだったか。

 

クジャクの羽根が大きい理由には
諸説あるようですが、
その一つに、

「ハンディキャップ説」

というのがあります。

 

例えば、ビール。
(仙台は相変わらず酒提供禁止です…)
大企業が作ったものより
小規模のチームが苦労して作った
クラフトビールの方が美味しい気がする、
といったような、
パッと見ではその差が
わからないものの場合、

「なんかすごそう」

な方を選んでしまうこと。

 

クジャクのメスはオスを選ぶときに
そのオスの本質を知る手段はないので
とりあえず

「羽根が大きい=強そう」

という流れで決めるそうな。

 

夜のお姉様にしても、
そのお客の多くは一見さんだろうから
選ばれるためには

「なんかすごそう」

をアピールしなければならない。
そのために、日に日に頭の大きさが
加速していくとかなんとか。

 

さて、受験生の皆さんは
もうそろそろ試験当日のことを
意識しているかもしれません。

 

お悩みで多いのが

「会場で萎縮して
本領発揮できなかったらどうしよう」

というものであります。

 

練習でできていても、
本番でうまくいかない、
ということはよくあることですが、
大事なのは

「場をコントロールすること」

です。

 

例えば試験会場に100人いたとして、
どうも自分よりみな賢そうに見える…
というのでは、ダメ。
逆に周りをビビらせるくらいでないと。

 

ちなみに私は大学受験本番、
早稲田大学の試験場で、
休憩時間に「ゴルゴ13」を
読んでいました。

 

しかしこれは余裕があるからではなく
場をコントロールするための作戦。
学力的にはギリギリか
若干アウトくらいでしたが
ゴルゴが功を奏してか、
無事合格できた、というわけです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA