廃デッキ ー 鶴岡達悦

 

前々回のコラムで
スケボーをしていることを
お話ししましたが、
スケボーは消耗品で使っていれば壊れます。

 

どのパーツも消耗品ですが、
中でも特に消耗が激しいのがデッキです。

 

テールは繰り返し地面に
打ち付けられることにより削れて、
しまいには先がとんがることもあります。
そこまでいく前にぼくの場合は
たいがい真ん中辺りでヒビがいったり、
折れたりします。

 

トラックの上に着地すれば
まず折れることはありませんが、
真ん中辺りで強く着地したりすると
割と簡単に破損してしまいます。
破損したデッキは
捨ててしまうのは気が引けて、
再利用しています。

 

 

今のところ再利用品は三点あります。
座面の壊れたイスや、
肥やしになっていたイーゼルなど、
どれも使われなくなったり、
使えなくなったものを使って作りました。

 

こうやって使えなくなったデッキを使って
物を作っていると、仲間から廃デッキを
譲り受けたりするようになりました。

 

今のところ
ストックしてる廃デッキは2枚あります。
このデッキを使ってなにを作ろうかな。
いつかご報告しますね。

 


2021年10月11日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 造園家 鶴岡 達悦 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA