保留フォルダーの話 ー したたむ(哲子)

 

ある日、相方に

今度の「ひらめきのタネ」への書き込みを
こんなテーマで書こうと思うんだよね、

と聞いてもらった時の話。

 

私 「わかりにくいものって、早合点してわかった気になってたり、わからないから諦めたり、はなからわかりやすい答えだけ求めたりしがちだけど、とりあえずわからないまま自分の中の保留フォルダーに入れておいた方がいいかなって話」

 

相方 「うん」

 

私 「その時に腑に落ちなくても、しばらく熟成させてるうちに、あっ、そういうことか!とかっていうこともあるでしょ。わかりにくいものの中に本当の答えがあるかもしれないし。なんでもわかりやすいものがいいってわけじゃないよね」

 

相方  「うんうん」

 

私  「わからないものをわからないままにしばらく発酵させると言うか。難しい事を最初から排除しないというか。これで一発解決! みたいな答えに飛びつかないというか」

 

相方 「ふんふん」

 

私 「どう思う?」

 

相方 「それって当たり前じゃない?」

 

そうでした、
彼はすでに熟考の人でした。

 

 

「したたむ」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA