好奇心によって伸び縮みする時間 ー Sayo

 

スマホを眺めていると、
“一年前の今日”の写真が
不意に出てくることがあります。
一年前と比べると
意外にも色々変化していました。
ひとつ目に、一年前うちに来た植物が
ひとまわりほど成長したということ。

 

 

 

二つ目に、一年前はまだ
サーフィンを始めてもいなかったこと。

 

三つ目に、一年前は
絵を習っていなかったけど、
今は自分に合う絵画教室に出会い
絵の話をする友達が出来たこと。

 

四つ目に、仕事の変化に伴って
生活スタイルが変わったこと。

 

一年前は栄養士をしていましたが、
今は職業訓練校でデザインを学びながら、
憧れだった職場で
バイトするようになりました。

 

職場はギャラリー併設のカフェなのですが、
そこではアートに携わる人、作家さん、
フリーランサーなどなど…
出会う人たちの幅も広がり、
新しい世界を知っては
刺激をもらっています。

 

基本怠け者な自分も、
こうしてみると去年から今年にかけて
色々と始めていたことに気付きます。
(このひらめきのタネも…!)

 

新しいことを始めると、
今まで気にしていなかったことが
目に入るようになったりもします。

 

絵やイラストに
よく目がいくようになったり。
広告やアートを見て

このデザインはどういう意図?

と考えて見たり。
海を眺める時、サーファーや波まで
よく観察するようになったり。
環境のこと、
例えば海に流れる生活排水やゴミのこと、
海に入る時顔に塗る化粧品や
日焼け止めのことまでも
考えるようになりました。

 

このようにちょっと知るだけで、
他人事がたちまち自分事になったりします。

 

新しい世界を覗いてみるというのは
(例え三日坊主だったとしても)
オモシロイなと思いました。

 

 

 

現在の好奇心が、また一年後、
自分をどんな環境へ
導いていくのでしょうか。

 

Sayo instagram: @inspirationfor___


2021年10月28日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 元管理栄養士 Sayo | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA