フリーランスのキャリアカウンセリング ー 永野純一郎(じぇい)

 

自由な働き方を追い求めて約20年。
その時にやりたいこと、
やれることをしてきたので
キャリアプラン皆無。

 

そんな中で、前から気になっていた
キャリアカウンセリングを受けた。
働き始めてから今までにしてきたこと、
その変遷の背景などについて話した。

 

セッションを振り返ると

「特性や強みから見る、役割やポジショニング」

といったことが
テーマになっていたかと思う。

 

キャリアというと人材市場の価値基準的な
イメージがあるけど、
厚生労働省の視点では
もう少し広義的で、
働くことと生き方や人間形成、にまで
言及されていると解釈できるらしい。
今回のセッションは
後者に寄るものだったと思う。

 

取材現場にて

 

キャリアについて第三者の視点を
取り入れることはしてきてなかったけど、
今回話すことができて
とてもよかったと思っている。

 

①キャリアについて
言葉にしていく体験がよかった。

言葉に出すというプロセスはとても重要で、
時に思考だけでは得られない気づきがある。

 

②第三者に聞いてもらい
関心をもってもらえることは、
自己肯定につながる。

カウンセラーの性質にもよるのかな?
ジャッジではなく
建設的な場で話せることは
安心につながるし、
自分を小さく見るようなことも
起きなかった。

 

③第三者の視点は、
視野を広げることにつながる。

カウンセラーから受け取る言葉は、
自分の視点を拡張したり、
新たな視点が追加されたりした。
これによって伸び代を得たと思っている。
これ自分にとってはけっこう重要なこと。

 

今回、自分のキャリアは
ユニークなものであることを再確認したし、
必要とされる、
役に立てるシーンは沢山あると思う。

 

ユニークな分伝えるのが難しいのだけど、
これは焦らず1つ1つ関わりながら
伝えいくのがいいのだと思う。
急いで辿り着かなくちゃいけない
目的地があるわけではないし。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA