10.28のSayoさんへ

 

10.28のsayoさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
“ 好奇心によって伸び縮みする時間
について。

 

日記をつけましょう。
勉強の記録をつけましょう。

と、学校の先生から
幾度となく
言われてきたわけでありますが、
結局、やらないまま大人になりました。

 

ですので、

「そんなもん、いらねーぜ」

と言いたいところなんですけども、
教える側になって気づいたその重要性。
今では、しつこいほど

「反省ノートを作れ」

なんてことをお伝えしています。

 

受験とは時間との戦いで、
決められた時間内に膨大な量の知識を
マスターせねばなりません。

 

この「決められた時間」というのは
人それぞれであり、
小中学校入学の時点から、
大学受験を見据えて
勉強している人もいるし、
部活を引退して

「さぁ、始めるか」

という中学、高校三年生もいます。

 

この前者と後者をについて、
どちらが有利か?
と問えば、おそらく多くの人が
圧倒的に前者だ、と答えるでしょう。

 

しかし、そう単純ではありません。
残り半年! という状況で
猛烈な伸びを実現する人が
少なからずおります。
そういう人に特徴的なのが、

「やったことを無駄にしない」

という考え方です。

 

例えば数学で間違えたとする。
そのタイミングで
原因を明らかにしておけば、
次やり直すときは1/10くらいの
労力で済みます。

 

ということは、所要時間も1/10。
とっても簡単な話ですが、
こういうことができていない
受験生が大半。

 

長い時間勉強しているのに
さっぱり成績が伸びない…
という人は今一度
勉強のしかたを確認しましょう。

 

今はSNSが充実していますので、
それを上手く使えば
苦もなくできるはずですよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA