11.2の永野(じぇい)さんへ

 

11.2の永野(じぇい)さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
フリーランスのキャリアカウンセリング
について。

 

飲食業(人気店)を営む友人が
別の仕事をしたくなったらしく、
その店のオーナーとして君臨する一方で、
企業の面接を受けにいったという
話があります。

 

そこで、私と同い年の彼が言われた言葉は、

「40歳で飲食店経営って、
職歴なしと一緒だから」

というもの。

 

それを聞いたとき、

「そりゃヤバいね!」

と笑ってやり過ごしたものの、
私も同じような立場なので、

「なるほど。
世間様からの評価はこうなのか」

と、背筋がゾクゾクしました。

 

ただ、冷静に考えると
そのモノサシが正しいかどうかは
わからないわけで。

 

勉強を教える立場なので、
「学歴原理主義者」と
思われることもあります。
むしろ、そうあらねばならない、
という視線を感じることもあり。

 

が、正直なところ、
勉強だけすることは、
最大のリスクだと思っています。

 

就職することが一番のリスクだ!

という話はよく聞きますが、
一つの価値観しか持っていないことは
今後生きる上で、
かなり厳しい事になるのは、
たぶん事実です。

 

勉強して視野を広げるんだ!

という人がいますが、
はっきり言って、
教科書を読んでるだけでは、
何も広がらないし、
フィールドワークをしている人には
絶対に敵いません。

 

というわけで、
多少成績が下がろうと、
目いっぱい遊んで、痛い目をみて
経験値をたくさん積むことをお勧めします。

 

学校の成績は狭義の「キャリア」
みたいなものかもしれません。

 

成績は右肩上がりでなければならない。
途中で傷つけることは許されない。

と思っている、
特に親御さんが多いですが、
どん底に落ちなければわからない
評価されない「キャリア」の重要性は
実は果てしないのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA