子は親の鏡。では祖父母は…? ー 岩井 巽

 

「たっちゃんは隔世遺伝だね」

僕が幼少期のころに
母親にかけられた言葉です。

 

妹と比べて、顔立ちがどうも
両親に似つかなかった僕。
いったい誰に似たのか、
家族の中で僕だけ耳が大きかったのです。

 

ある日、おじいちゃんが
僕と同じ耳の形をしていることに気づき、

「おじいちゃんに似ることを<かくせい遺伝>と言うんだよ」

と母に教えられました。

 

<かくせい遺伝>という
少し難しい語感と、
数百人に1人の現象という
” 選ばれし者 “感に
テンションがあがった当時の僕は、
小学校に入ってすぐに

「ぼくは隔世遺伝なんだー!」

と言いふらしていた覚えがあります。

 

 

そんなエピソードがきっかけとなり、
「おじいちゃん」や
「おばあちゃん」の影響を、
なんとなく頭の片隅で意識しながら
生きてきました。

 

耳の形が似ていたおじいちゃんは、
孫が大好きで僕にとっても優しくて、
よく板チョコをくれました。

 

しかし母に聞くと、実はおじいちゃんは
パチンコにハマっていて、
換金できなかった時の
「ハズレ」品の板チョコを
いつも持っていたのだそうです。

 

パチンコは弱かったけど、
釣りでその才能を発揮できたようで、
大会のトロフィーが
何十個も戸棚に並んでいました。

 

 

一方、おばあちゃんは
真逆に貧乏性で、賭け事とは程遠く、
スーパーで貰ったビニール袋一枚でも
捨てられない人でした。

 

それはとても
エコで良いことだとは思うのですが、
いつもおばあちゃんの台所には
何年ものの食材が溢れ、
掃除するのがちょっと大変そうでした。

 

 

その性格を見事に<かくせい遺伝>で
受け継いだ僕は、
テレビゲームに夢中になりすぎて
他のことがおろそかになったり、
コレクター気質で、
小さいパーツなどを捨てられず
収集してしまうような中高生でした。

 

勉強もせず、たびたび親には
呆れられましたが、
その性格のおかげで、美術大学に進学し、
今はデザイン業を仕事にしています。

 

「子は親の鏡」と言いますが、
毎日一緒にいる親から受けている影響は、
それが「当たり前」になりすぎて、
アイデンティティと
気づきにくいような気がします。

 

血縁関係ですが、たまに会う
他人のようなポジションの
祖父母の背中をみて、
良いところは真似てみたり、
反面教師的に真似ないでみたりして
今の自分の人格が
できてきたように思います。

 

子=親の鏡
親=祖父母の鏡

となると、
祖父母の背中を写してきた子どもが
僕なのかもしれません。

 


Web「東北スタンダード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA