コーラ ー 鶴岡達悦

 

うちには同時代のものと思われる
2本のコーラの瓶があります。

 

一つは10年近く前、植栽工事で
穴を掘っている時に掘り出しました。
昔のコカ・コーラの500ml瓶です。

 

もう一つは最近現場で拾いました。
住宅基礎の掘削工事で掘り起こされ、
打ち捨てられていました。
こちらはペプシです。
瓶にはそれぞれの
アイデンティティが表されています。

 

コカ・コーラの流線型の筆記体のロゴは
今と変わりありませんが、
縦長の明朝体のカタカナのロゴも
プリントされています。
今はもうあまり見ることがありませんね。
瓶のコカ・コーラといえば思い浮かぶ
腰のくびれたグラマラスな青緑の瓶と比べて
この500ml瓶はくびれが浅く、寸胴です。

 

ペプシの方は瓶表面に
縦にツイストの意匠が施され、劣化して
見えづらくなってしまっていますが、
こちらも昔のロゴがプリントされています。
並べると、二つでそろいの瓶にも
見えてきます。
みなさんはどちらのコーラが好きですか?

 

ぼくはコーラ大好きで、つい最近まで
けっこーな頻度で飲んでいましたが、
友達から酵母をもらって
自分で炭酸飲料を作れるようになってからは
あまり買わなくなりました。

 

フルーツジュースを原液に足せば
数日で炭酸ジュースになります。
残りが少なくなったら
またジュースを足します。

 

しばらくはフルーツジュースだけでしたが、
「ひらめきのタネ」に書き込みをしている
yuri さんのレシピの梅スパイスシロップを
妻が作ってからは、このシロップでの
自家製コーラにはまってしまいました。

 

梅以外でもクローブ、シナモン、
カルダモン、月桂樹など、
簡単に手に入るスパイスと
フルーツでコーラができちゃうんです。

 

大きな瓶に、
シロップの水分となるフルーツと
同重量の砂糖をどかどか入れます。
作ってみると改めて
ちょっと危険な量の砂糖だなと
思わされます。

 

様々なスパイスと
季節の果実を漬け込みできたシロップを
少なくなった自家製炭酸ジュースの
ペットボトルに注ぎ、
水で割って数日冷蔵庫で置いておくと、
糖分は酵母によって二酸化炭素、
アルコール、アミノ酸、
香り成分などに分解され、
程よい甘さになります。

 

うちでスパイスシロップを仕込んだのは
今までで4回です。
3回目と4回目は
果物に着いていた天然酵母で
勝手に醗酵が始まりました。
1、2回目のも置いておけば
始まったのかもしれません。
酵母ジュース、シュワシュワ美味しくて
健康にもいい気がしておすすめですよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です