12.16の真子さんへ

 

12.16の真子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
役に立つ仕事 ” について。

 

YouTubeチャンネルを
開設して久しいのですが、
更新もちゃんとしていない上、
再生回数も少ない…
という状況のテコ入れに

「YouTubeの始め方」

という本を買ってみました。

 

そこにあったのは、

伝える内容は
「有益・役に立つ情報」
であるべきだ、

とのこと。

 

うーむ。
それはなかなか難しい。
やってはみるものの
どうもうまくはいきません。

 

と思っていたところに、
真子さんの書き込み。

「役に立つかどうかを決めるのは
結局、受け手なのです」

そう! それだー!

 

勉強を教えてはいますが、
その方法は一つではないし、
何が役に立つかなんて
人それぞれだと考えています。
どうりでうまくいかないわけだ。

 

勉強を教える上で
とても大切にしているのは

相手に「余白」を残す

ということ。
その余白をどう活かすかは
生徒の皆さん次第。
我々がお伝えした事項を
役立てるか否かも、
生徒の皆さん次第です。

 

勉強は先生から教わったことを
丸呑みして吐き出す、
という作業ではありません。
皆さんが思う以上に、
それぞれが解釈する余地があります。

 

受験勉強そのものを楽しむ、
受験後も「学び」を楽しむためには
ここに気づけるかどうかが
大きな分かれ目になりそうです。

 

さて、こういう切り口で
YouTubeを作るには
どうしたらいいのか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA