自己紹介 bars3 ー 森岡 蓮

 

タイのバンコクに到着し、
そこからは野宿を軸とした
貧乏旅を敢行していきました。
(基本は4日野宿し、ゲストハウスに一泊するという流れにいつの間にかなっていきました。野宿するのはストリートの場合もありましたし、寺や人の家に泊まらせて頂くことも)

 

とりあえず、2カ国目に
ラオスに行くことを決め
タイをヒッチハイクで縦断していく事になり
道中親切なタイ人の方々に出会いながら
順調に進み、ラオスとの国境の街
ノンカイにてネタを作り、
その後ラオスに入り旅をしながら
そこでもネタを作り、3カ国目は
ミャンマーに行くことを決め、
そのために一旦タイに
戻る事になりました。

 

しかし、そこでまさかの事態が
勃発しました。
相方が突然解散したいと
言い出してきたのです。

 

相方いわく、旅をしている中で
色んな自由な生き方をしている人に
出会っていく中で、今やっている事が
自分のやりたい事では無いと
気づいたそうなのです。

 

しかしそれを聞いて、正直僕は
ホッとしたところもありました。
というのも、その時点で
旅が始まってから一ヶ月半ほど
経っていたのですが日々の野宿生活と
24時間相方とずっといる事に
かなりのストレスを感じていて
(相方も同じ気持ちだったと思いますが)
日々空気は険悪になり、
全然旅を楽しめていませんでした。

 

という訳でコンビを解散することになり
僕が考案した一石二鳥死角無しの、
どこをつついてもスキのない
まるで堅牢で誇り高い要塞のような
アイディアは無惨にも跡形もなく
消し飛んでしまいました。

 

その後相方は帰国し
僕は一人で旅を続け、
すっかり旅にハマり
帰国してはお金を貯め
海外に数ヶ月旅に出るという
生活を送っていました。

 

そんな生活を2年程送った後、
久々に元相方に会う機会があり、
芸人時代も二人で
曲を作っていたりしていたので
その時になんとなく
一緒に曲を作る流れになり、
そこからあれよあれよと
ラップグループを結成し、
今に至ります。

 

自分でも最初自己紹介は
一回で終わらせるつもりだったんですが、
気付けば三部作という壮大な
スペクタクルなものになってしまい、
今これを読んでくれている方は

「ひらめきの種で一体何を読ませられてんだ」

というお気持ちだとは思いますが、
次回からはひらめきの種の
趣旨に沿ったテーマで
色々と自分の考え、体験等を交え
執筆していきたいと思ってすので
どうかよろしくお願いします。

 

NAITY WORKS」YouTube
WABU_NAITY WORKS」YouTube


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA