自分の名前気に入ってますか。ー 岩井 巽

 

僕は職業柄「名前」を
考える機会が多いと言えます。

 

例えば、新しい商品を作るときの「商品名」
企画を立てるときの「企画名」
ホームページを作るときの「サイト名」
そして2022年こそは、
今後の自分自身の活動の
「屋号名」を決めたいなと目論んでいます。

今はGoogleがあれば
何でも検索できる時代ですから、
すでに誰かが決めた名前と
かぶっていないか、
海外の方にも読んでもらえるか、など
今まで以上に名前を考えるハードルが
上がったと感じます。

 

そういえば、
初めて自分に子どもができた3年前、
どんな名前をつけようか、
すごく考えました。
自分の親も、こんな風に僕の名前を
迷いながら名付けて
くれたんだなと思わされました。

子どもの名前といえど、
やっぱり一度はGoogle
で検索をしてみました。笑

 

すでに名付けられていないか、
変な噂がたった名前でないか。
そもそも、当て字ではなくて
変換できるかなど、よく調べました。
幸い、未だ誰も名付けていない名前で、
気に入るものが見つかったのですが、
もし、将来

「自分の活動名を変えたい」

と子どもが思ったなら、
どうぞご自由にという気持ちでいます。
芸能人とか、芸人とか、
最近ではクリエイターさんも
「芸名」を名乗ります。

ちょっと話が飛躍しますが、
最近YouTube
「カルボナーラの作り方」の
動画をよくみていて、
シェフが

「パンチェッタを使います」

なんて発言すると、
「パンツェッタ・ジローラモ」さんを
思い出してしまいます。
もしかして、「ジローラモ」は本名で、
「パンツェッタ」は
<日本人が持つイタリアのイメージ>を
表現して当てているのかな、
なんて考えたら、
よくできた芸名だなと思ったのですが、
本名だったのでびっくりしました。

 

僕は「岩井巽(イワイタツミ)」が
本名ですが、もし芸人だったら、
日本風に「さくら巽」とかにして、
海外の方にも受け入れやすいように
改名しようかなとか、
余計なことを連想してしまいました。

ともかく、世の中「名前」によって
受け入れられる要素は多いなぁと
感じる最近でした。

 


Web「東北スタンダード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA