毎日のご飯 ー したたむ(哲子)

 

私達は静岡県掛川市の山の中で
ご飯屋をやっています。

 

毎日のご飯は、必然的に
お店で余ったものや、
残った食材で適当に作るか、
たまに外食かという感じなのですが、
気がつけばほぼ同じものを食べています。

 

仕事場が違えば、お昼ご飯くらいは
違うものを食べるとことに
なるのでしょうが、
うちは四六時中、一緒。

 

 

人間の細胞は、
早い部分と遅い部分がありますが、
代謝によってほぼ10年くらいで
だいたい入れ替わるという話を
いたことがあります。

 

ここに移住してきて、
ずっと一緒にいる生活になってから
もうすぐ3年。

 

ということは、かなりの部分が
同じ材料で出来ているのかも?と、
不思議な気分になります。

 

30年も連れ添ったら、なんとなく
似てきちゃうんじゃないかと
想像して可笑しくなりました。

 

 

私達の身体を作っている分子は
太古の昔から循環していて、
植物や動物を食べる事で身体になり、
要らなくなった細胞は
排出してまた他の生物の一部となる。

 

そう思って世界をみると、
そこに咲いている花や蟻や鳥も、

いつか私の一部だったのかもしれないなー

などと、ぐっと親近感が
湧いてくるから不思議です。

 

「したたむ」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA