交渉力

clue zemi

難しそうにみえることも、意外とシンプル。
本質をつかむ、もののミカタを伝えます。


ソフトバンクの孫さんが
トランプさんを電撃訪問、
ということで世間は盛り上がってます。

よく思う人、思わない人
いろいろいるでしょうが、
注目すべきは彼の交渉力。

難航している
アメリカの通信事業を
打破するため
一気に飛び込んだわけです。
次期アメリカ大統領の懐に。
そして初対面なのに
「マサ」と呼ばれてしまう。
ほんと圧巻です。
こういうのは
日本ではあまり見られない光景ですね。

 

段階や肩書きを大事にしたり、
そもそもジャパニーズにとって
「交渉」とか「意見」というのは
何かギスギスしたイメージがあるように感じます。
和を乱す、自己中だ、
生意気だ、俺のメンツは!
みたいな。

 

でも、交渉や意見っていうのは
相手を屈服させるとか
鼻をへし折るとかってことじゃないんですよ。

「こうしてあげるからさ、
こうしてくんない?」
「ここをこうしたらさ、
もっと良くない?」
これが交渉・意見です。

 

意見をされて
「こいつは俺の敵だ!」
と捉える人の多いこと多いこと。
意見するほうも下手くそで、
「こうすべき」「こうやって」とだけ。
それでは何事も好転しません。

 

「こうしてあげるからさ、
こうしてくんない?」
「ここをこうしたらさ、
もっと良くない?」
で、万事解決です。

 

今の時代、
「交渉力」を育む場が
減ったようにも思います。
合理化されたコンビニ、
スーパーで値切る人はいません。
学校でも先生に
異を唱えると内申書が・・・
という時代だし。
(もちろん全ての先生が、
というわけではない)

 

「交渉する」
「意見を言う」という概念が
子供の中でなくなってきてるのかも。

 

しかし、我がclue zemiでは
毎日交渉のオンパレード!
「先生、チョコ2個と
せんべい交換できないすか」
「3つならいいよ。」
「よっしゃ!」に始まり、
「先生、ジュースもう一杯!」
「じゃ、このプリント
3枚10分以内にね。しかも80点以上で。」
「オッケー!」などなど。

 

お菓子も食べれて
賑やかな塾ですが、
それも理由があってのこと。
言語化、数値化できない
「人とのやりとり」を
大事にして欲しいのです。
どうしたらお互い
「ニヤリ」とできるか。
それには立場も年齢も関係ない。
それを身につけてもらうための仕組みです。

 

「人とのやりとり」なくして
楽しく生きていくことはできませんし、
もちろん仕事もできません。
そして勉強とは
そのベースとなるもの。

 

知識がなければ
意見を言うことも
交渉することもできません。
だからclue zemiでは
どっちも教える。

 

「何のために
勉強するんですか」
とよく聞かれますが、
「人とやりとりするためです」
と答えています。

孫さん・トランプさんの話だって
「せんべいとチョコの交換」と同じ話ですからね。
お互いニヤリ。
立場も全然違うし初対面だけど、ニヤリ。
ま、今回のチョコは5兆円ですけども。

 

さて、clue zemiで
ハンパじゃない交渉力を
発揮している彼ら。
どこに話を持っていけば
スムーズに進むか、ということも心得ています。

 

それなりに権力を持ち、
交換条件も甘いわたし。
いつも格好の標的にされています。

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2016年12月09日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です